サンタ 2016年 ビチ
5d3583788e69197dd8d84b25 5d3583788e69197dd8d84b25

サンタ 2016年 ビチ

残り1点

¥4,620 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

生産者 ビチ 産地  バハ・カルフォルニア/メキシコ 品種  ローザ・デル・ペルー(モスカテル・ネグロ) 容量  750ml あまり目にすることのない、メキシコのナチュラルワインです。バラや赤果実系の香り。軽やかでジューシー、ピノ・ノワールを思わせる芳醇な味わいに少し土っぽい味わいも有ります。亜硫酸の添加は瓶詰め時に極少量行っています。 ーインポーター資料ー フレッシュなヴァン・ド・ソワフ。バラ色で、繊細でフローラル。赤い果実とダークフルーツ。ジューシーな酸味があります。冷やしておいしい赤ワイン。 Bichi ビチ - メキシコソノラ方言で「裸」という意味。これはホンモノだと呼べるような新しいファインワインは、思いもよらない土地で、最もありえない組み合わせによって生まれるものです。 メキシコのバハ・カリフォルニア・ノルテ州にある岩山で「ビチ」というワインが誕生したことは、近年のワインシーンでも特筆すべきエキサイティングなニュースでした。 ノエルとヤイルのテレス兄弟は、母親のアナ・モンターニョや仲間たちと一緒に、大部分がブッシュヴァイン(ゴブレ)の古木で構成される、無灌漑で有機農法(一部バイオダイナミック法)の畑で収穫されたブドウから、美しく、表情豊かな味わいのナチュラルワインを造っています。 ビチは最低限の人的介入を旨とする伝統的な醸造法にこだわっています。タカテにあるビチの所有畑は10ヘクタールほどですが、バイオダイナミック農法を採用しています。その他に契約畑がタカテとバジェ・デ・グアダルーペにありますが、こちらは有機農法で耕作されています。栽培されている品種は大半がミッションですが、ローザ・デル・ペルー(モスカテル・ネグロ)、テンプラニーニョなども栽培されています。さらにノ・サピエンスというブドウ畑には、まだ同定されていないミステリアスな品種が存在しています。収穫されたブドウは手で除梗され、やさしく足で踏みつぶされます。破砕されたブドウは地元で作られたコンクリート製アンフォラ型発酵槽の中で、 自然酵母により発酵します。 完成したワインは古樽とステンレスタンクに移されたのちにボトリングされますが、輸出用など必要な場合に限り最低限(10ppm/㍑ほど)の亜硫酸が添加されます。 ビチのワインを語る時、必ず話題になるのが特徴的なラベルデザインです。メキシコらしさと、テレス家一流のユーモアのセンスが感じられるものです。一方でボトルの中身は、彼らとその仲間たちの実直な仕事によって造られた、信じられないほどのバイブスに満ちたてらいのない液体です。口に含めば、太平洋や花崗岩質土壌といった、タカテの岩山にあるブドウ畑の風土が感じられます。バハ・カリフォルニアは、世界的なファインワインが生まれる場所なのです。