クラロット バイ・トミーラフ 2016年 ショブルック
new
5d54eaeb4c80647d6fe9c98d 5d54eaeb4c80647d6fe9c98d

クラロット バイ・トミーラフ 2016年 ショブルック

残り2点

¥4,320 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

生産者 ショブルック  産地  南オーストラリア バロッサ・ヴァレー 品種  シラー 容量  750ml 店で2年ほど寝かせた2016年ヴィンテージです。 現在は生産されていない、ショブルックの貴重なワインです。 早摘みのメルローを使用した、軽やかで酸味の効いたエレガントなスタイルです。 ーインポーター資料ー Merlotを憎むかの様に忌み嫌って来たトムが唯一リリースする例外的ワイン。品種に顕著なピーマンの様に鼻を刺激するメトキシピラジンは、これまで通り鳴りを潜めており程好いタンニンとプラミーな個性は魅惑的なジューシーさのお陰で「人気が底に落ちてしまった」この品種を救ってくれるのではないかとさえ感じてしまいます。 トム ショブルックは南オーストアリア州バロッサ ヴァレーで長年に渡りブドウ農家を営み続けてきた一族の出身。一念発起して2001年から6年間イタリアに渡り、トスカーナ州キァンティのリエチネを拠点としてヨーロッパの様々なワイナリーで経験を積み、2007年よりワイン作りを開始しました。ブドウ農家の出身だけあり、トムが自らのワインを作り始める上で最初に手掛けたのは、収穫するブドウ畑全てのプラクティスをビオディナミによる運営に切り替える事でした。ブドウの質がワインの質を決定する最大の要素であると考えているからです。次にトムが挑み始めたのは極力ナチュラルなワイン造りです。伝統的に完熟させ過ぎる程に果実に凝縮感を持たせるスタイルを重んじてきたバロッサ ヴァレーに於いて必要不可欠な人為的添加要素のありとあらゆるプロセスを拒絶し、唯只管に自らの哲学を貫き通す彼の姿に対する否定的な意見は当時非常に大きなものだったと言います。「気が狂ってる」等と言った余り好ましくない意見に耳もくれず、トムは自分が信じた道を邁進して来たのです。現在ルーシー マルゴーと並んで南オーストラリアのナチュラリスト御三家と称賛されているトム ショブルック。奇しくも同じ年に同じアプローチでワイン作りをスタートした2人。設立当初はお互いを意識する余りに激しいライバル関係にあった2人。今となっては賞賛しあいながら刺激を与え合う2人。ショブルックがスターダムに伸上る日はきっと近いです。