泡/白/オレンジ/ロゼ/赤ワインの入ったナチュラルワイン6本セット
new
5e66141068c4622b6910adab 5e66141068c4622b6910adab 5e66141068c4622b6910adab 5e66141068c4622b6910adab 5e66141068c4622b6910adab 5e66141068c4622b6910adab 5e66141068c4622b6910adab

泡/白/オレンジ/ロゼ/赤ワインの入ったナチュラルワイン6本セット

残り1点

¥16,000 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

新しくなった赤、白、泡、ロゼ、オレンジワインが入ったナチュラルワインの6本セットです。 ぜひ飲んで頂きたい、おすすめの6アイテムを選びました。今回は希望小売価格合計19,140円のところ、送料無料で税込16,000円とお得なセットです! セット内容 ラ・ビアンカーラ ガルゴンゴ 2018年(微発泡) イタリア、ヴェネト産。 ぶどう品種:ガルガーネガ100% イタリアを代表するナチュラルワインの生産者の1人、ラ・ビアンカーラのアンジェリーノ・マウレ。白ワインが有名ですが、赤も良いですし、このスパークリング(微発泡です)もとても良い味わいです。澱を沈めて飲むとスッキリとした印象なのですが、お勧めは冷やす前に瓶をさかさまにして、回すようにゆっくりと澱を混ぜてからよく冷やし、静かに抜栓すると澱が舞って濁った状態になり、旨みが増す印象です。瓶内二次発酵(砂糖は使わず、一次発酵が終了後、冷却しておいた果汁と一緒に瓶詰め)ですがガスは穏やか、アルコール度数11%でグビグビ飲めるようなワインです。 ※ガス圧は低めですが澱を混ぜて飲む場合は抜栓時に噴き出す可能性もありますので、十分ご注意ください。 フランツ・ソーモン(アン・ソーモン・ダン・ラ・ロワール) ヴァン・ド・フランツ シャルドネ 2018年(白ワイン) フランス、ロワール産 ぶどう品種:シャルドネ ロワールの造り手、フランツ・ソーモンのネゴシアン部門、アン・ソーモン・ダン・ラ・ロワール名義のワインです。香りに白桃やトロピカルフルーツなどの華やかな香りがあり、味わいも白桃やパイナップルのような豊かな果実感、酸味が穏やかで非常にまろやかな味わいです。 インテレゴ ザ・ピンク・ムスタッシュ 2019年(ロゼワイン) 南アフリカ、スワートランド産 ぶどう品種:シラー70%、サンソー30% 南アフリカのスワートランドで自由な発想でワインを造っている、インテレゴ・ワインズのヤルゲン・カウズ。このロゼは醸さず即プレスしたシラーと3日間のマセラシオンをしたサンソーによる、淡く濁ったピンク色の液体。味わいはフレッシュなイチゴや梅のようなキュっとした酸味を伴った果実味、じわじわと広がる旨みをたっぷりと感じます。アルコール度数も11.5%に抑えられていて、スルスル飲めてしまいます。 ソモス ナランヒート 2019年(オレンジワイン) 南オーストラリア州、アデレード・ヒルズ産 ぶどう品種:ヴェルデロ(ヴェルデホ) 100% ソモスはオーストラリア出身のベン・コールドウェルとメキシコ出身のマウリシオ・ルイス・カントゥーの2人による、2013年スタートの新しいプロジェクト。 ビオディナミ農法のヴェルデホを使ったオレンジワインです。ぶどうの半分は1か月の醸し、残りの半分はステンレスタンクで180日間の長期マセラシオン。色は濁った明るめのオレンジ色。味わいにヨーグルトのような乳酸的な味わいがあり、まろやかながら濃密。長期マセラシオンからくるほろ苦さが良いアクセントになっています。 パトリック・サリヴァン ジャンピン・ジュース ハーフ・フル レッド 2019年(赤ワイン) 西オーストラリア州、マーガレット・リヴァー産 ぶどう品種:シラー、ソーヴィニヨン・ブラン、ゲヴュルツトラミネール、カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワール、ピノ・グリ オーストラリアのナチュラルワインを語る上で外すことの出来ない、パトリック・サリヴァンのワインです。上記品種構成でもわかる通り、黒ブドウも白ブドウもごちゃ混ぜなロゼワインのような綺麗な色をした、薄い赤い液体。 味わいも薄旨ワインのお手本のような、ジューシーで軽やかで旨みたっぷり。このワインを初めて飲んだ時、オーストラリアのナチュラルワインって凄いな、と思わせられたワインです。 飲んでいて楽しくなるような、自由なワインです。 ユーディト・ベック ベック・インク 2017年(赤ワイン) オーストリア、ブルゲンラント産 ぶどう品種:ツヴァイゲルト70%、サンクト・ラウレント(サン・ローラン)30% オーストリアのブルゲンラント地方、ノイジードラーゼの女性醸造家、ユーディト・ベックによる赤ワイン。ツヴァイは北海道でも栽培されている、オーストリア原産の寒冷地に適した品種です。ツヴァイらしく色は濃厚で紫に近い赤色です。香りは熟したイチゴやザクロのような甘い香り、以前は感じなかった少し還元した野性的な香りがあります。色と同様味わいも濃いのですが渋味は無く、梅っぽい酸味があり重たい印象は有りません。アルコールも12%に抑えられ、バランスが良くつい飲み進めてしまうような魅力的なワインです。