泡/白/オレンジ/ロゼ/赤ワインの入ったナチュラルワイン6本セット
5f34c319791d02543f3f4db4 5f34c319791d02543f3f4db4 5f34c319791d02543f3f4db4 5f34c319791d02543f3f4db4 5f34c319791d02543f3f4db4 5f34c319791d02543f3f4db4 5f34c319791d02543f3f4db4 5f34c319791d02543f3f4db4 5f34c319791d02543f3f4db4 5f34c319791d02543f3f4db4 5f34c319791d02543f3f4db4

泡/白/オレンジ/ロゼ/赤ワインの入ったナチュラルワイン6本セット

¥16,000 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

今回も先月に続き夏仕様ということで、白ワインが2本にロゼ、泡、オレンジ、赤ワインが各1本入ったナチュラルワイン6本セットです! 今回選んだどのワインも日持ちするので、家飲みにも夏のレジャーのお供にも最適です。希望小売価格の税込合計19,085円のところ、今回は送料無料で税込16,000円とお得なセットとなっております! セット内容 スガス 2018 イル・カヴァッリーノ(微発泡) イタリア、ヴェネト産 ぶどう品種:ドゥレッラ、ガルガーネガ 当主のサウロ マウレは1985年生まれの若い造り手。ラ ビアンカーラのアンジョリーノ・マウレにワイン造りを習いました。牛など家畜の肥育を生業とするサウロのお父さんはアンジョリーノとは旧知の仲。自然環境と調和を図った農業への取り組みや人為的な関与を極限まで排しての醸造など、アンジョリーノのワイン哲学が垣間見える話を父リーノから初めて聞いた時、とても感動し、強い共感を覚えたとサウロは言います。リーノの一家が所有していたブドウ畑を譲り受けたことでワイナリーとしての活動をスタートさせます。 テイスティングコメント:色は濁ったライトイエロー。ガスは穏やかで微発泡。香りにメロン、洋梨、金木犀、フレッシュハーブの爽やかな香り。コクのあるメロンや少し苦みと酸味を感じる柑橘類の味わいに酵母由来のヨーグルトの様な味わいが混ざります。澱が多く、底の方に行くほど濁りも強くなり、旨みも増していく印象です。 ※抜栓前に逆さまにしてゆっくりとボトルを回し、澱を混ぜてから飲むのがオススメです。 トゥーレーヌ・ル・プチオ 2018年 ヴァンサン・リカール(白ワイン) フランス、ロワール産 ぶどう品種:ソーヴィニヨン・ブラン シェール川沿い丘陵地にあるドメーヌ・リカールは、歴史的には5代続くドメーヌ。自然環境を尊重したブドウ栽培を実践しています。今日に至るまで農薬や化学肥料等を使用しない農法で葡萄栽培をしてきましたが、2013年にエコセールの認証を受けました。 収穫は手作業、自然酵母での発酵、酸化防止剤はソーヴィニヨン・ブランのフレッシュな美味しさをキープするため入れますが、添加量はできるだけ控えているとのことです。 テイスティングコメント:色は濁りのない若々しいグリーンイエロー。青草、フレッシュハーブ、新緑の様な爽やかな香り。味わいはマンゴーの様なまったりとしたボリュームのある果実味に金柑や夏みかんの後味に苦みを感じる味わいが続きます。苦みと共に旨みも広がり、ついついグラスが進みます。3日目くらいからボリュームのある味わいは落ち着き、旨みが前面に出た味わいとなりますので、ゆっくり飲むのもおすすめです。 ピエトロビアンコ 2017年 ダニエーレ・ポルティナーリ(白ワイン) イタリア、ヴェネト産産 ぶどう品種:ピノ ビアンコ、タイ ビアンコ ラ ビアンカーラのアンジョリーノ・マウレの下でワイン造りを習得した造り手。ガンベッラーラの隣の生産地域であるコッリ ベーリチの地で、父親の代からブドウ栽培農家として4ヘクタールの畑を持ち、収穫したブドウは全て近隣のワイナリーに売却していました。その後、2004年からダニエーレの手によって、化学肥料や農薬に頼らない農業へと本格的に転換を図ります。アンジョリーノの強い後押しで、2007年にアンジョリーノから古樽を1つ借りてメルローを仕込み、出来映えに確信を得た2008年から生産量を増やし始めます。 テイスティングコメント:濁りのある緑がかったイエローの外観。夏みかん、アップルミントのとても爽やかな香り。味わいはフレッシュな青りんごやレモン、ライムなどの酸味の効いた果実味、アフターには出汁のような旨みが続きます。スポーツドリンク的な爽やかな味わいは暑い夏にぴったりです。 タンジェリンドリーム 2019年 スモールフライ・ワインズ (オレンジワイン) オーストラリア、バロッサヴァレー産 ぶどう品種:セミヨン、ペドロヒメネス、リースリング、ルーサンヌ、ミュスカ ワイナリーは南オーストラリア州のバロッサヴァレーにあり、設立が2005年と若いワイナリーですが、アーレンズ家は5世代にわたりブドウを栽培してきた歴史を持っています。ブドウはビオディナミ農法で栽培されていて、生産するワインはナチュラルな味わいながらどれもネガティヴな要素がなく、安心して楽しめるワインです。 テイスティングコメント:色は少し濁ったオレンジがかったゴールド。オレンジや八朔、ハーブの爽やかでとても良い香り。味わいはジューシーなミカンやグレープフルーツ、マセラシオン由来の渋みは程よく、ピーチティーの様な果実感たっぷりで軽やかな渋み。酸味、旨みも程よく感じられる、非常にバランスの良いオレンジワインです。また、日持ちがとても長く、1週間かけてゆっくりと楽しむことができるワインです。 ピノ・グリージョ 2018年 レヌッツァ(ロゼワイン) イタリア、フリウリ産 ぶどう品種:ピノ・グリージョ レヌッツァはスロヴェニアとの国境付近で1900年頃より続いている農家で、1990年頃から自然を尊重した栽培を始めています。農薬や化学肥料、除草剤も一切使用せず、年に一度土壌を掘り起こす以外は全てを手作業で行っています。収穫後は自然酵母にて発酵を行い、酸化防止剤は熟成前と瓶詰め時に極少量添加を行うのみ。フィルターは極めて目の粗いものを使用する為、細かい澱などはそのまま瓶詰めされます。人間と自然環境の調和が育む果実をそのまま味わえるワイン造りを掲げ、地元プレポットの素晴らしさを伝えている生産者です。 テイスティングコメント:色はロゼというより軽く色づいたいわゆるブラッシュワイン的な色合い。抜栓当初は香りに少し麦の様な還元した香りが有りますが、すぐに消えて桃や洋梨の華やかな香りが出てきます。液体に少し粘性が有り、ジューシーな桃や杏子の果実味、ふくよかでアルコールも14.5%と高く、飲みごたえのあるワインです。 ピノ・ヌーヴォ 2018年 エクリプシス(赤ワイン) ニュージーランド、ワイパラ産 ぶどう品種:ピノ・ノワール エクリプシスはニュージーランド南島、ノースカンタベリーのワイパラで2015年にスタートした新しいプロジェクト。ワインメーカーは女性醸造家 、ジェシカ・マヴロマティス。オーガニックとビオディナミ農法のぶどうを極力添加物を使用しない最低限の人的介入アプローチにで造られてます。 テイスティングコメント:色はロゼに近い少し濁りのある淡いルビーレッド。野イチゴやクランベリーなど、新鮮な甘酸っぱい果実の香り。味わいもキュッとした酸味の効いた赤果実の味わい、後味に出汁の様な旨みが長く続き、スルスル飲めてしまう薄旨ワインです。今の季節は少し冷やして飲むのがオススメです。