クエルチャ・ラボリオーザ 2018 テッレ・ディ・ピエトラ / Quercia Laboriosa 2018 Terre di Pietra
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

クエルチャ・ラボリオーザ 2018 テッレ・ディ・ピエトラ / Quercia Laboriosa 2018 Terre di Pietra

¥2,930 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

生産者 テッレ・ディ・ピエトラ / Terre di Pietra 産地 ヴェネト,イタリア / Veneto,Italy 品種 ガルガーネガ / Garganega タイプ 白 / White 容量 750ml  ーインポーター資料ー テッレディピエトラの当主・クリスティアーノは、ヴァルポリチェッラというワインの商業化に疑問を持ち、本来のこの土地に根付いた葡萄の素晴らしさと、この土地が生み出す葡萄の親しみ易さを表現したワイン造りを志しています。本格的に葡萄栽培を始めた2004年当初から、畑では農薬や化学肥料は一切使用しておらず、醸造でも自然酵母のみで発酵を行ってきました。2015年からは、亜硫酸の添加を極力抑え、一部ワインで亜硫酸無添加を試す等、自分達の土地の葡萄の素晴らしさを100%感じてもらえる味わいを求め、試行錯誤を行ってきました。そして迎えた2018年・2019年、彼らのワインは劇的に心地よく、素晴らしい柔らかさを持ったヴェロネーゼに成長する事が出来たのです。彼らのワイン造りには、よりナチュラルな心地よさを持ったワインという目標の他に、もう一つ大切な事がありました。それは土着品種への着目・原点回帰です。この土地でしか生まれない個性があり、この土地で長い年月をかけて育てられてきたにも関わらず、モリナーラ・コルヴィーナ・ロンディネッラといった土着黒葡萄に対する評価と感心が低くなり、DOCヴァルポリチェッラに一部を入れなくても良いという規定が出来てしまうほどでした。クリスティアーノは自らが育てたモリナーラ・コルヴィーナをそれぞれ単一で醸造する事で、この葡萄への理解と、素晴らしい可能性を秘めているという事を伝えていきます。彼が作るワインは、彼らの地元の人が自分達の土地と品種の偉大さを感じ、他の国の人たちが彼らの日常を感じる、多くの感動が詰まっているのに、その奥には素晴らしい日常が詰まっている、そんなワインの様に思います。今回改めてリリースとなりましたワインは年々進化を続ける彼らの努力の結晶です。物凄い感動は日常の中にある。。。素晴らしいワインをどうぞお楽しみください。 ーテイスティングコメントー 色は少しくすんだイエローゴールド。液体に僅かな粘性が見られます。香りはパイナップル、熟した洋梨、マンゴーなどがグラスから溢れだすようなとても良い香り。味わいは和梨やグレープフルーツなどのコクがありながらも少し苦みのある味わい。酸味も程よく感じ、アフターには心地よい苦みと共に旨みが長く続きます。 ※バックラベルに亜硫酸の添加量が50mgと書いてありますがこれは印刷ミスで、実際の添加量は1リットル当たり15mgだそうです。