{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

オーセリス 2018 ジャン・マルク・ドレイヤー / Aucellis 2018 Jean Marc Dreyer

¥3,520 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

生産者 ジャン・マルク・ドレイヤー / Jean Marc Dreyer 産地 アルザス,フランス / Alsace,France 品種 ピノ・オーセロワ / Pinot Auxerrois タイプ 白 / Blanc 容量 750ml ーインポーター資料ー オーナーのジャン・マルクは 4 代目。幼少の頃から父の畑仕事を手伝うのが大好きで、14 歳にはすでにトラクターを運転していた。高校を卒業し会社勤めをしていたが、2000 年 25 歳の時、父の定年が近づいたことを機に 実家に戻る。農業開業責任者資格(BPREA)を取るためにオベルネ村の農業学校に 3 年間通い、同時に、以前から興味のあったビオディナミをパトリック・メイエのところで学んだ。2004 年、完全に父の畑を引き継ぎドメーヌ・ジャン=マルク・ドレイヤーを立ち上げる。そして、6 ha あった父の畑をビオディナミに変える。立ち上げ当初はブドウ栽培の他にもジャガイモや古い昔の小麦、野菜なども並行して作り販売していた。また、ワインのボトル販売は地元や観光客のみで、大部分はネゴシアンが桶買いしていた。2009 年、パトリック・メイエの影響もあり、ピノノワールで最初の SO2 無添加のワインをつくる。これを機に SO2 無添加のワインに気持ちが傾いていったジャン・マルク。2013 年、初めて全てのワインを SO2 無添加で仕込む。2014 年、並行して行っていた野菜販売をやめ、またネゴシアンに売るワインも大幅に減らし、SO2 無添加ワイン造りに専念し現在に至る。 性格はとても温厚で信仰心の厚いジャン・マルク。現在、父の代に植えた樹齢平均 50 年を超すヴィエーユ・ヴィーニュの畑 5ha と彼が 2010 年に植樹した若樹の畑 1 ha の計 6 ha を父と 2 人で管理している。アルザスの生産者であるが、アルザス品種のアロマティックな特徴があまり好きではないという彼は、品種の香りの影響を少なくするためにワインの仕込みは主にスキンコンタクトを実践している。そのためアルザスの自然派ワイン生産者の中では「マセラシオンのワインを得意とするヴィニョロン」として名が通っている。彼のモットーは「ブドウ本来が持つエネルギーを壊さない!」こと。2500 km の行程を徒歩で巡礼するくらい敬虔なキリスト教徒である彼は、目に見えない神の力や奇跡を信じていて、ブドウのエネルギーを正しく良い方向に導けば、必ず素晴らしいワインが出来上がると信じている。ビオディナミを早くから取り入れたのも、ブドウ本来の持つポテンシャル(エネルギー)を引きだすという点で彼の考えと一致するところがあり、今はさらに均一になりがちな機械を使う作業を徐々に減らし、ブドウの木ひとつひとつの個性に向き合うために手で行う作業を増やしている。彼の趣味のひとつに散歩があるが、散歩と言っても、ただブドウ畑の中を歩いて何気なく佇むだけ。休日の日でも畑仕事が終わった後でも、夕飯を食べ終わった後に、ブドウと対話するためにぷらっと畑に出かける。そして、ブドウに耳を傾けることでブドウから出るエネルギーを静かに感じる…それが彼の趣味であり日課なのだそうだ。 彼自身、もう今はほぼワインづくりだけに特化しているが、以前はブドウ以外に F1 種からではない昔ながらの固定種からの野菜や穀物も作っていた。今でもその名残で、絶滅危惧にあるフランス原産の希少な昔の小麦の種を復活させるための活動を続けている。 テイスティングコメント: 色は少し濁ったゴールドカラー。抜栓当初、僅かに硫黄の還元臭が有りますが、すぐに無くなります。キンカンやオレンジピール、生姜の爽やかな香り。少しトロッとした口当たりにすももやレモン、グレープフルーツなどの強めの酸を感じる豊かな味わい、後味には僅かな揮発酸と旨味が膨らみます。2日目には香りに僅かに感じた硫黄は無くなり、柑橘類にりんごの様な香りが加わります。無添加で揮発酸も有り危うい味わいですが、3日経ってもネガティヴな要素は出てきません。